広告

記事

2016年6月9日

うちのSiriは、あまり賢くないんですけど

Siri

 我が家の「おSiri嬢」はあまり賢くなくって(はっきり言うと馬鹿で)こまります。

Hey Siri!

 テレビCMですとすぐ応答してくれてますけど、いままでまともに応答してくれたことありません。

昨日あたりから、Siriが人命救助したというニュースがちらちら見えるのですけれど・・・私の「おSiri嬢」には絶対に無理です。

初めての「Hey Siri」

どのバージョンのiOSかは忘れてしまいましたけど、
初めて応答したのは、「はい、おしり拭き」といった時に応答したんです。

それまで何度呼んでも応答してくれなかったのに。

それ以後、通称「おSiri」と読んでます。

いつからかは忘れちゃいましたが、電源につながってなければ”Hey Siri”に応答しなくなりましたので、実はあまり使ってないのです。

オッケーGoogleと言ったら

「おもしろい冗談ですね、座布団をさし上げるほどではありませんが、面白いです」

と言われちゃいました。

Siriは我慢を養うにはいいかも

ほぼ

「すみません、なんとおっしゃったかわかりません」

と言われますから
「我慢」と「言い換える練習」と「忍耐力」を

つけるには良いと思います。

カーナビ程では無い

私:「自宅へ帰る」
カーナビ:「馬絹」

私:「たまプラーザ」
カーナビ:「馬絹」

一つもあってませんし、彼はやたらと「馬絹」が好きでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿