広告

記事

2015年1月13日

google chrome desktopを試してみた

chrome-rdp-ss

google chrome remote desktopがリリースされたそうなので、Mac-iPhoneをつかって試してみました。






Chromeアプリのインストール


chrome-remote-desktop-app

Chromeウェブストアで「Chrome リモート デスクトップ」をインストール。

chrome-remote-desktop-confirm

googleは時々情報漏洩したりするので・・・迷いましたが、「追加」します。

chrome-app-added

アプリが追加されると、Chromeのappsにアイコンが出てきます。

アイコンをクリックすると・・・

chrome-rdp-mac

これで完了かと思ったら、機能拡張を追加する必要があるらしい。

dmgファイルが開いてきたので、機能拡張を追加

mac-extention

機能拡張を追加すると、システム環境設定の一番下に追加されます。

この機能拡張から有効化できるのかと思いきや・・・Chromeブラウザから行う必要があります。

もう一度、Chromeブラウザのアプリで「Chrome リモート デスクトップ」をクリックすると機能拡張が開きPINを設定するようになります。(めんどくさい)

enable-chromerdp-moz

 

iOS版アプリをiPhoneにインストールして


起動すると、PINコードを聞いてきますから設定したパスコードを入力して・・・・

chrome-rdp-iphone1

接続できます!

chrome-rdp-iphone2

縦画面だとちょっと使いにくいですが、横にして全画面表示にするとちょっと見るにはなんとか使えるかも。

Chrome-rdp-iphone

iPhone6 PlusやiPadからなら、ネットワーク速度に依存しますけど使えるかもしれないね。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿